GitHubのPull Reqest作成ページをコマンド1つで開く

何かコードを書いて、ブランチをGitHubにpushしたあと、そのブランチのプルリクエストをさくっと作りたかったので、1コマンドで現在のブランチからのPull Request作成ページを開くコマンドを作りました。(共有レポジトリを想定)

以下のコードを実行可能権限をつけてパスの通った場所に git-ghpr という名前で置き、

git ghpr

とするだけでOK(なおブラウザを開くopenコマンドはMacの前提です)。ghprは GitHub Pull Request の略のつもりです。

perl で何やらやっているのは、親の最も近いブランチ名からPull Request先のブランチを推定する処理です。常に master 等に出すと決まっている場合は、ORIGIN="master" 等として固定値を入れておくと良いでしょう。

#!/bin/bash                                                                     
set -e
ORIGIN_URL="$(git config --get remote.origin.url)"
case "$ORIGIN_URL" in
  "git@github.com:"*)
    GHPATH="${ORIGIN_URL#*:}"
    GHSRC="https://github.com/${GHPATH%.git}" ;;
  "ssh://git@github.com/"*)
    GHPATH="${ORIGIN_URL#*@}"
    GHPATH="${GHPATH#*/}"
    GHSRC="https://github.com/${GHPATH%.git}" ;;
  "https://github.com/"*)
    GHSRC="$ORIGIN_URL" ;;
  *)
    echo "origin url is not github"
    exit 1
esac
# Pull Request先を推定
ORIGIN="$(git describe --all @~ | perl -pe 's/(?:heads|remotes|origin)\/|-\d+-g[\da-f]+$//g')"
GHURL="$GHSRC/compare/$ORIGIN...$(git rev-parse --abbrev-ref @)"
echo "$GHURL"
open "$GHURL"